• Yoko

それこそが人間を生きるという事



みなさん、こんにちは。

星コミJAPAN.com事務局のYokoです。



焦がすような暑さが遠のくと、

朝夕に秋の気配が

感じられるようになってきました。



四季のある日本は、

それを身に染みて感じることができます。


それもいま、地球があるからこそ。



ハルミ先生のお住まいのLAは

昨日観測史上最高となる

気温49.4度記録しました。



山火事もまだ続いていて、東京都の4倍の面積が

消失していまいました。



日本では他の事件と同じように、

ニュースのひとつとして伝えられていましたが、



ハルミ先生を通じて、

ロスアンジェルスを身近に感じている

ミラクル会員のみなさん、受講生のみなさんには

ひとごとではないと思います。




私のこと、から、私たちのこととすることを


世界規模でやらねば、


私たちはあっさり絶滅していって

しまうことをニュースが

教えてくれていると感じています。



同じ日はただ一日としてないことを、

星の配置でも同じことが言える


と知ったとき

とても驚いたことを覚えています。



二度と来ない今日を、ハートの声を聴きながら

みなさんと生き抜いていきたいと思います。



いつもと違った始まりでしたが、今回も

受講生の方のメッセージをシェアしていきますね。








こんにちは!

一期生の森亜由美と申します。

先生にシェアしたく、突然のメールで大変失礼します。

いつも素晴らしいメッセージと

暑いハートを送って下さり、

誠に有難うございます。

先ずは

灼熱の残暑お見舞い申し上げます。


人間の肉体が耐えきれないほどの酷暑ですね、

どうぞどうかご自愛ください。

このメールが届いた日、カリフォルニア に住む長女が

産気づいていると連絡が入りました。


間も無く、新しい命の誕生と同時に、

私自身の肉親としての

新しい役割が与えられようとしています。


またこの8月2日には、

実父の魂が天へ帰り、見送ったばかりです。

2020年が私個人の歴史史上に於いても、

大きな節目の年となります。

人間の力では抗えない、

大きなwaveが否応なしに時代を

進化させて来るのを身をもって体験しております。


同時に宇宙とのシンクロは、

もの凄い衝撃を祝福として

受け取るよう伝えて来ている様です。

正に宇宙レベルで、

先生がいつも仰って下さっている通りです。


改めてリスペクトします!

父の死を、

肉体の最期を目の当たりにして感じた事は、

肉体を生き抜くために人間として生まれたのだ!


という事です。

至ってシンプルでした。

生きている間、

どれだけエゴと他者のために時間を費やして来たのか。


でも、それこそが人間を生きる、

という事なのだと降りてきました。


もしかしたら、

課題を残して肉体の時間が

終わったのかもしれない。



どれだけ深い負のエネルギーで

生きていたとしても、


肉体が果てれば『魂』という愛のエネルギーが、

ただそこに在るだけでした。

私は死して尚、

教えを示す父を感じ、


生きる肝が座りました。

2020年の荒波は休む事なく、

怒涛のように打ち寄せて来ますが、

私は落ち着いています。


ハルミ先生の力強い確信を持って伝えて下さる

メッセージのお陰様だからです。

双子座のテーマの学びとは、

私にとって肉体の生死を目の当たりに見、



魂の繋がり(ワンネス)による

メッセージを受け取り知る事だ、

と鳥肌立たせながら実感しています。

感謝します!

先生、そしてご縁のある方々、

それから私自身に!ワンネスに!

いつも愛をありがとうございます。

土星回帰なのかもしれない

森亜由美



--------------------



すばらしい気づきのシェアをありがとうございます。


地球で肉体をもっているからこその経験ですね。



大切なお父様の死と新しい命の誕生を通され

感じられた気づき。



シェアしてくださり、心から感謝申し上げます。






5回の閲覧
HARUMI OHATA

© 2017by 星読み徒然草

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon